FIM評価のポイント

  • FIMは自宅や病棟などで「しているADL」を評価するものである。
  • 日や時間帯によって介助量が異なる場合は、最も介助量が多い上体を評価する。
  • 各項目は7段階評価となっている。運動項目・認知項目で採点の基準が異なる。

※詳細については、各項目の評価基準をご参照ください。
FIMの特徴へ