研究業績

リハビリテーション医学教室は、運動障害・認知障害の診断・評価・治療を専門とする学問分野として、神経生理学、運動生理学、神経筋病理学、分子生物学、障害の評価、各種疾患・障害に対するリハビリ、リハビリ心理学、地域リハビリ、リハビリ工学など幅広いテーマに取り組んでいます。

近い将来予定されている長期宇宙滞在においては、微小重力環境下で不可避の筋萎縮、骨粗鬆症などの健康問題に対する宇宙医学的研究にも関与しています。

研究の実績は国内発表にとどまらず、国際的な交流も盛んです。慶應義塾大学理工学部や国内の研究機関とも共同研究を行っています。

過去の主な研究成果