研究業績

リハビリテーション医学は、生活や動作の側面から、運動や認知、嚥下をはじめとする機能障害の診断・評価・治療を専門とする学問分野です。

当教室では、神経生理学や運動生理学、脳科学を治療に応用する ニューロリハ、がん患者のADLやQOLを調え高めるがんリハ、再生医学や分子生物学にまつわる再生リハ、これまで見過ごされていた障害の側面を詳らかにする新しい評価法の開発、最先端の技術とリハの融合を目指すリハビリ工学ロボットリハ、地域医療や災害支援に関する地域リハ災害リハ、各種疾患・障害に対する専門的リハ、リハビリ心理学など幅広いテーマに取り組んでいます。

研究の実績は国内発表にとどまらず、国際的な交流も盛んです。慶應義塾大学理工学部や国内の研究機関とも共同研究を行っています。

現在までの英語論文

以下、タイトルをクリックするとアコーディオンが開き、詳細な内容を閲覧できます。

<受賞>

<最近の論文>

過去の主な研究成果