第20回臨床筋電図・電気診断学入門 講習会申し込み開始

未来を拓くリハビリテーション医学


1.積極的な早期介入により、障害を予防・最小化すること

2.創造力と包括的なチームアプローチにより、障害を持った方々の機能を最大限に高め、生き甲斐を持った生活を送れるように援助すること

3.医療の高度化・複雑化に伴って生じる新たなニーズに果敢に挑戦すること

以上の 3つが、リハビリテーション医学・医療が果たすべき役割と考えています。慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室は、良き人を育て、良き医療を提供し、優れたサイエンスを推し進めるために、あくなき挑戦を続けています。

Meigen Liu

Featured

関連リンク